設備紹介

歴史は未来のために。装備は挑戦のために。

プレス機を使った手作業による自動車部品生産からはじまった村山製作所ですが、需要拡大期の大量生産時代に生産性向上を追求し、ラインの半自動化、さらに自動化をすすめてきました。その後、多品種少量生産への要請に応じ、究極の自動化であるロボットラインを完成しています。プレス機も60Tから200Tまで備え、ロボットによるアーク溶接およびインバータースポット溶接機なども完備しています。

不良ゼロの更新、高いレベルでの品質安定、多品種少量生産の同時実現。メーカーからのジャストインタイムへの要請にも積極的にお応えしています。

プレス機

レベラーライン

200t

AIDA製 NC1-2000(D)
レベラー ORII製 LCC04 HF2MBX-EAS

110t

AIDA製 NC1-1100
レベラー ORII製 LCQ03KP

プレスロボットライン

110t・60tRY2台ライン

AIDA製 NC1-60(2)
AiDA製 NC1-110(2)

80tRY4台ライン

AIDA製 NC1-80(2)

80t・60t2台ライン

AIDA製 NC1-60(2)
AIDA製 NC1-80(2)

60t・80t3台ライン

AiDA製 NC1-60(2)
AIDA製 NC1-80(2)

単発プレス

単発110tプレス機

AIDA製 NC1-110

単発80tプレス機

AIDA製 NC1-80

単発60tプレス機

AIDA製 NC1-600(2)E

単発5tプレス機

マテックス精工製 A-5 1台
日本オートマチックマシン製 HYP505HN 1台

ロボット溶接

溶接ロボットライン

Almege AXロボット

スポット溶接

スポット溶接機

95KVA

測定機器

測定機器

VR-5200

工作機械

工作機械

Mitsui HIgh-tec製 MSG-250M R/N

Okamoto製 PSG-64

三菱電機製 ワイヤ放電加工機 MV2400R

森精機械製作所 旋盤 MS850
津田製作所 高速精密旋盤 TUDA TSL-135
KIRA IRONWORK CO ボール盤 KID-420
吉田鐵工所 ボール盤 YD2-54
吉田鐵工所 ボール盤 YD2-55
SANSEI 平面研削盤 加工範囲 600×200
MAKINOフライス 加工範囲 250×550
MAKINOフライス 加工範囲 600×480
AMADA コンタマシン VA-400

クリパッククリパック